世間体のために生き続けた30歳女が8年間勤めた会社を辞めて海外に行く物語

自分が好きな自分になりたいと願うあなたに捧げるブログです

未分類

【人見知りな自分が嫌い】人生を楽しくする秘訣教えます

投稿日:

「人見知りで、初対面の人と会話することが苦手…。
本当は会話するのが楽しいと思えるようになりたい」


そう思いながらも自分を変える行動ができず、自己嫌悪に陥っていませんか?そんなあなたの悩みにお答えします。

■本記事の内容
 ・「話すこと」を目的にしなくてOKです
 ・このままの自分でいたいか、と自分に問いましょう
 ・自分を客観的に見ましょう
 ・まとめ


この記事を書いている私もかなりの人見知りです(現在進行形)。

以前は人と出会うことが怖く、うまく会話できない自分が大嫌いでした。
そんな私がこれから書く内容を行なった結果、ひとりでイベントに参加でき、一緒に遊びに行ける仲間を作ることができました。
今も初めての場は緊張しますが、以前よりも楽しい人生になっています。

【「話すこと」を目的にしなくてOKです】

初対面の相手、初めて行く場では「話すこと」を目的にするのはやまめしょう

なぜなら、話すことに集中しすぎると逆に話せなくなってしまい、そんな自分をダメな人間だとさらに追い込んでしまうからです。


例えば、私は初対面の人と話す場合、まず相手はどんな人なのだろうと興味を持つことにしました。

そして相手の話の中で自分の経験したことのない内容について質問し、相手から「情報を得ること」を目的にするようにしました。
また別の例は、興味あるイベントに参加するときについてです。
私の好きなビールのイベントがあり参加したいと思ったのですが、知らない人がたくさんいることに不安を覚え一歩踏み出せずにいました。
しかし、目的を「イベントの内容を楽しもう」ということに置き換えたところ、話せなくてもいいや!と思え参加できました。

ですので、「話すこと」を目的にするのはやめて、「情報を得ること」、「好きなイベントを体験すること」を目的にしましょう

そうすると話せなかったらどうしようという不安な気持ちが軽くなり、一歩踏み出すことができます。

【このままの自分でいたいか、と自分に問いましょう】

初対面の相手に話しかけたいけどどうしようと迷う場面、気になるイベントに行きたいけどどうしようと迷う場面、そんなときは自問自答をしましょう。
「その行動をした自分」と「その行動をせずにいつもと同じように帰宅する自分」どちらが好きか?と自分に問いましょう。

なぜなら、迷っているということは少しでも行動したい自分がいるということだからです。

自分の本当の気持ちと向き合うと、迷いがなくなり自分に正直な選択ができます。

例えば私は、先ほど例に出したビールのイベントに行く際に、この質問を自分にしました。

「イベントに参加して美味しいビールを知る自分と、このまま自宅に帰っていつもと同じように一人夕飯を食べる自分、どっちが好き?」と問いかけました。
二つを天秤にかけた結果、前者が勝ち、イベントに参加できました。
いつも通りの生活ももちろん好きです。
しかし、本当は行きたいのにその気持ちに嘘をつき後悔する姿がはっきり想像できたため行動に移せました。

ですので、初対面の相手、初めての場所に行くときはその行動をした自分としなかった自分、どちらになりたいか、どちらが好きかと自分に問いましょう。

そうすると、勇気が湧いてきて自分の気持ちに正直になれ行動に移すことができます


【自分を客観的に見ましょう】

人見知りの自分を変えたいのに行動に移せず自己嫌悪に陥ったら、自分を客観的に見てみましょう。

なぜなら客観的に他人事として見ると、冷静になれて気持ちが楽になるからです。


例えば、私は一歩踏み出せないとき「自分だと思っているこの身体は本当は他人のもので、他人の身体で人生をプレーしている」と自分を客観的に見ていました。

そうすると気持ちが楽になり、初めてのことでも行動に移すことができました。

ですので、怖くて行動に移せなかったり、自分が嫌いでどうしようもなくなったときは自分自身を客観的に見てみましょう。

【まとめ】

人見知りが悪いという訳ではありません。
ですが、人見知りである自分と向き合って変わりたい、行動したいと思っている気持ちに蓋をしてしまうのは勿体ないことです。

半歩でもいい、今日はいつもより前に進めた、初対面の人と笑顔で挨拶できた。

そんな小さな成功体験を得ることが大切なのです。
それは自分の自信に繋がり、その積み重ねによって自分の好きな自分になれるのだと思います。

新しい道に踏み出すことは怖いですが、踏み出してしまったらそこには成長しかありません

あなたならきっと大丈夫です!

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【就職氷河期】ドン底まで落ちた私が内定を獲得し就活を楽しめた理由

「新型コロナウイルスの影響で就活が進まない…。不景気に突入し、何の取り柄もない私が本当に就職できるの?」企業の倒産が相次ぐ中、不安に思っている就活生が多いと思います。そんなあなたに就職氷河期を乗り越え …

マッチングアプリをした結果【ドタキャン回避方法を得た話】

マッチングアプリで知り合った相手と直接会うことになったあなた。しかし待てど暮らせど待ち合わせ場所に相手は現れない…。そんな悲しい思いをしたことはありませんか?二度とこんな思いはしたくない、そんなあなた …

メイク・ファッションに興味がなくてもOK!【たった1秒で垢抜ける方法】

メイク・ファッションには興味がない、けれど本当は心の奥で「垢抜けて自信を持ちたい…!」と思っているあなた。そんなあなたの好み、スタイルはそのままに簡単・すぐに垢抜ける方法を2つをご紹介します。 【本記 …

【愛想笑いはしなくてOK!】職場で周囲と笑いのツボが違うと感じるあなたへ

「職場でみんなが楽しく雑談し、笑っているのに私だけ全然笑えない。全く楽しくない…」どうしようと焦り、自分は変なのではないかと思っていませんか?周囲に合わせて無理に愛想笑いをして疲れていませんか?そんな …

【20代半ばの歯列矯正】あなたに後悔してほしくない!

「30歳になるまでに歯並びを綺麗にしたい」と、20代半ばで歯列矯正を決意したあなた。そんなあなたに後悔のない歯列矯正ライフを送ってもらうために、伝えたいことがあります。 ■本記事の内容・とにかくつらか …

    はじめまして。
    30歳女独身のあたみと申します。
    小さい頃から自分のことが好きになれず、
    人と比べてばかりで劣等感の塊だった私。

    『女は30歳になるまでに結婚するモノである』その世間の考えに縛られ、今まで自分が楽しくないことばかりをしてきました。

    とあるきっかけにより、自分がワクワクする・楽しいと思うことをする人生を生きようと決意。8年間勤めた会社を辞めフィリピン留学に行こうとするもコロナにより無期限延期に…。

    人生山あり谷あり。
    30歳・独身・ニートという三種の神器を手に入れ、またもや絶望しかけましたが、こんな私が5年後、もし自分の好きな自分になれて笑って過ごせていたら世の女性に勇気を与えられるのではないか…?

    世間体に縛られて苦しいあなたの背中をそっと押したい、そんな思いでブログを立ち上げました。