世間体のために生き続けた30歳女が8年間勤めた会社を辞めて海外に行く物語

自分が好きな自分になりたいと願うあなたに捧げるブログです

未分類

【就職氷河期】ドン底まで落ちた私が内定を獲得し就活を楽しめた理由

投稿日:


「新型コロナウイルスの影響で就活が進まない…。
不景気に突入し、何の取り柄もない私が本当に就職できるの?」


企業の倒産が相次ぐ中、不安に思っている就活生が多いと思います。

そんなあなたに就職氷河期を乗り越えるためのマインドをお伝えします。



■本記事の内容
・ドン底まで落ちてOKです
・素直になりましょう
・落ち込んでやる気がしない時は何もしなくてOKです
・ナルシストになりましょう
・違和感を大切にしましょう
・まとめ



本記事を書いている私は、「リーマンショック後+東日本大震災」の就職氷河期を経験した2012年卒です。

中学高校の部活は退部、大学時代は勉強せずに遊んでばかりで、
何の取り柄もない私は就職活動でドン底まで落ちました。

そしてそのドン底から、これからお伝えする方法でマインドを高め、
最終的には心から就活を楽しむことができました。


ドン底まで落ちてOKです


内定が貰えずに劣等感に押しつぶされそうになったら、
そのまま人生のドン底に落ちてOKです。


なぜならドン底まで落ちれば落ちるほど、
それだけ多くの人の気持ちに共感できる力が手に入るからです。


例えば、私の友人はみんな早い段階で内定を獲得していました。
もしその友人達が内定を獲れない後輩の相談に乗ることになったとき、
その気持ちに共感することは難しいでしょう。

しかし私は就活においてドン底を経験したため、
後輩や就活に悩む人達から相談がきたとき心から共感できました。
人はつらいとき、まずはその気持ちに共感して欲しいと思うものです。


ですので、就職活動でうまくいかない時、ドン底まで落ちてみましょう。

とことん落ちるところまで落ちてみると、そこでしか得られない気持ちに巡り会うことができ、その経験はより多くの人に共感できる力になります。
そしてそれはあなたの信頼に変わるでしょう。



素直になりましょう


変なプライドを持たず、素直になりましょう。


なぜなら、素直になると自分にプラスになるからです。


例えば、私は内定を貰った友人に素直に就活における注意点や自分のダメなところを聞きました。
それによりエントリーシート・面接の改善に繋げることができました。

また本番の面接時においても分からないことは相手に合わせずに、
素直に分からないと言いました。
面接官は学生の嘘をすぐに見抜いてしまいます。
嘘をついている学生と一緒に働きたいとは思わないでしょう。


ですので、変なプライドや相手に合わせて気に入られようなどしようとはせずに、素直になってありのままの自分でいることを心がけましょう。



落ち込んでやる気がしない時は何もしなくてOKです


先の見えない就職活動、不採用通知の連続で落ち込むことろまで落ち込んで
何もやる気がしなくなったら何もしなくてOKです。


なぜならしばらく何もしないでいると、
行動する意欲が自然に湧いてくるからです。


例えば、私は就活中つらくて行動する意欲が全く起きなくなったとき、
1週間ほど家に引きこもり映画やドラマ観賞、漫画を読む、音楽を聴くなどして過ごしました。
そしてその映画などはいつも以上に自分の心に刺さり、
徐々に気持ちが前向きなり行動する意欲が湧いてきました。


ですので、何もしたくなくなったら
その気持ちに正直になって何もしなくてOKです。

その間は就活から離れて映画などの作品に触れることをおすすめします。
きっとあなたの心を動かす何かに出逢えるはずです。



ナルシストになりましょう


頑張ってる自分ってかっこいい!と、ナルシストになりましょう。


なぜならその自信は姿勢や表情などに現れ、
自分がキラキラと輝いてくるからです。


例えば、私は夏の暑い日に真っ黒なスーツ姿で駆け回る私をかっこいいと思えた瞬間があり、そこから就活が楽しくなりました。


ですので、ナルシストになって自分をキラキラさせましょう。
その姿は面接官から見てとても魅力的に映るでしょう。



違和感を大切にしましょう


内定を貰ったとしてもその会社に違和感を感じるのであれば
入社は一旦検討しましょう。


なぜなら、その違和感は正しいからです。


例えば、私はやっとの思いて貰った初めての内定を断って就活を続けました。
それはその会社に違和感を感じ、心からその会社で働きたいと思うことができなかったからです。

就活を続けた結果、希望の会社に就職でき
その後私は心から楽しいと思える仕事を8年も続けることができました。


ですので、自分が感じる違和感は大切にしましょう。
その感覚はきっとあなたを守ってくれます。



まとめ


これから私が経験した以上の就職氷河期がやってくるかもしれません。
ですが、あなたを必要としている会社はこの世の中に絶対にあります。
あなたは必要とされている人間です。


今まで何の取り柄のなかった私はドン底まで落ち、
そして最終的にはもっと就活を続けたいと思うほど就活を楽しむことができました。


企業が学生に求めているものは「素直さ、情熱、元気」だけだと私は思います。
私にできたのですから、あなたも絶対に大丈夫です!

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

メイク・ファッションに興味がなくてもOK!【たった1秒で垢抜ける方法】

メイク・ファッションには興味がない、けれど本当は心の奥で「垢抜けて自信を持ちたい…!」と思っているあなた。そんなあなたの好み、スタイルはそのままに簡単・すぐに垢抜ける方法を2つをご紹介します。 【本記 …

【愛想笑いはしなくてOK!】職場で周囲と笑いのツボが違うと感じるあなたへ

「職場でみんなが楽しく雑談し、笑っているのに私だけ全然笑えない。全く楽しくない…」どうしようと焦り、自分は変なのではないかと思っていませんか?周囲に合わせて無理に愛想笑いをして疲れていませんか?そんな …

マッチングアプリをした結果【ドタキャン回避方法を得た話】

マッチングアプリで知り合った相手と直接会うことになったあなた。しかし待てど暮らせど待ち合わせ場所に相手は現れない…。そんな悲しい思いをしたことはありませんか?二度とこんな思いはしたくない、そんなあなた …

【20代半ばの歯列矯正】あなたに後悔してほしくない!

「30歳になるまでに歯並びを綺麗にしたい」と、20代半ばで歯列矯正を決意したあなた。そんなあなたに後悔のない歯列矯正ライフを送ってもらうために、伝えたいことがあります。 ■本記事の内容・とにかくつらか …

【人見知りな自分が嫌い】人生を楽しくする秘訣教えます

「人見知りで、初対面の人と会話することが苦手…。本当は会話するのが楽しいと思えるようになりたい」そう思いながらも自分を変える行動ができず、自己嫌悪に陥っていませんか?そんなあなたの悩みにお答えします。 …

    はじめまして。
    30歳女独身のあたみと申します。
    小さい頃から自分のことが好きになれず、
    人と比べてばかりで劣等感の塊だった私。

    『女は30歳になるまでに結婚するモノである』その世間の考えに縛られ、今まで自分が楽しくないことばかりをしてきました。

    とあるきっかけにより、自分がワクワクする・楽しいと思うことをする人生を生きようと決意。8年間勤めた会社を辞めフィリピン留学に行こうとするもコロナにより無期限延期に…。

    人生山あり谷あり。
    30歳・独身・ニートという三種の神器を手に入れ、またもや絶望しかけましたが、こんな私が5年後、もし自分の好きな自分になれて笑って過ごせていたら世の女性に勇気を与えられるのではないか…?

    世間体に縛られて苦しいあなたの背中をそっと押したい、そんな思いでブログを立ち上げました。